ワーケーションチャレンジ!地元沖縄をworkdayで満喫してみる。

こんにちは。

先週、howliveワークデイに敢えてワーケーションを実践してきた

企画担当の野原です。howliveのメンバーには少し申し訳なさもありつつも、

コワーキングスペースの名前の通り「howlive」なので、働き方の多様性チャレンジ!と、思い切って楽しんでみました。

(沖縄県のコロナ緊急事態宣言前のワーケーションです。)

 

 

ワーケーションですから、

「work」+「vacation」ということで、

私は、リモートワークとwork時間のマネジメント、プールサイドで仕事をしてみるというworkplaceの変化、2020年7月にオープンした、星のや沖縄  に宿泊して、極上のサービスとvacationをしっかり満喫してきました!

ワーケーション時のタイムスケジュール

子供たちも連れて、しっかりと相手をして楽しむ時間も作りたかったので、ワーケーション期間だけでなくその週の1週間の時間をうまく使って仕事調整。

当日は、こんな感じで遊ぶ時間や友人たちとのディナータイムもしっかり確保してみました。

 

DAY1

AM8:00〜12:00

スタバ&howliveライカム店でwork

 

 

 

 

 

PM13:00~14:00

子供達をお迎えしてホテルへ移動

 

 

 

 

 

 

PM15:00〜18:00

子供達とプールで遊ぶ

 

 

 

 

 

 

 

PM19:00〜

ディナータイム

 

 

 

 

 

 

 

DAY2

AM8:00〜11:00

(10:00〜11:00はテレカンタイム)

プールサイドで仕事

→子供達は、プール遊び♪

 

 

 

 

 

12:00〜

帰宅・在宅ワークへ

 

 

 

 

 

 

workplaceを変えてよかったこと

平日のworkdayの会議やアポイントもいつものようにこなしてみましたが、ホテルでのWiFi環境もよく、プールサイドでも十分仕事ができました。

(ただ、かなり日差しが強く「屋外→屋内」に移動するとハメにはなってしまいましたが)

自然に囲まれて静かな場所ということもあり、マインドフルネス の要素が沢山。

一人籠もって集中する作業にはいいなという感想。

また、他の宿泊のお客様もプールサイドでお仕事されている方もちらほら。

どんなところでも仕事ができる様になったなと実感した次第です。

ワーケーションの感想

私が感じた一番の感想は、毎日の幸福感が抜群に上がったこと。

なかなか夏休みを長くとってあげられない子供達にも家族サービスができたことも良かった点でした。

ワーケーションだけに限りませんが、デュアルライフやノマドライフも同じ様に好きな場所で自分の過ごしたい時間や使い方ができるという所がリモートワークの最大のメリット。

もちろん、仕事のモードのONとOFFの調整が必要で、セルフマネジメントは大事だなという印象がありますが、慣れてしまえばこんなライフスタイルもいいなと実感した次第です。

 

いまは、コロナでなかなか外出できなくなってしまいましたが、落ち着いた頃には沖縄ワーケーションを楽しんでみてくださいませ♪

 

自然に囲まれた環境で贅沢な時間を過ごせるとても素敵な島です!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です