howliveを戦略的に活用しまくる方法

こんにちは、BrandBuddyzの照屋です。

昨年の7月からhowliveを利用させていただいています。

僕の専門はデジタルブランディングです。

デジタル空間でブランドを確立することを得意としています。

 

2018年に設立し、風がふいたらポキって折れてしまうほど超ミニミニ会社です(笑)

そんな僕は、howliveにほとんどいません(笑)

 

ですが、実は超活用させてもらってます。その戦略的活用方法をご紹介します。

 

5つの戦略的活用方法

1.名刺にライカムの住所を載せられる

事務所どこにありますか?って質問に

「イオンモール沖縄ライカムの最上階にございます」

と涼しい顔で言えます。

相手は、この時点で興味を持ちます。笑

 

2.自宅で登記している場合、自宅の住所を隠せる

独立したての方は、ご自宅の住所を登記として利用していると思います。

で、サイトを公開したときに、オフィスを自宅の住所だとなんだかプライベート感が出ていやですよね?

その時に、howliveの内装写真とライカム1番地の住所を載せると、見え方が変わります。

こんな感じです。

ブランドバディーズ_ライカムhowliveハウリブ

https://brandbuddyz.com/

3.Googleマイビジネスにライカムの住所で登録する

新規取引をする際に相手は、会社名で検索する場合もあります。

そこを想定し、事前にGoogleマイビジネスをライカムの住所で登録しておきます。

それだけで、競合他社と差別化ができます。

ブランドバディーズ(howliveハウリブ)ライカムオフィス
ブランドバディーズ(howliveハウリブ)ライカムオフィス

4.全国から人材を採用できる

昨年の8月にインディードで人材を募集しました。

無料掲載なので、費用はかけていませんが、たったの2日で全国から20名応募がありました。

その後、募集を打ち切りましたが、会社の問合せフォームからもエントリーがあり、トータル30名くらいは応募がありました。

ライカムというブランド名を使うだけでなく、僕が活用したのはインディード内でのSEO対策です。

自宅の住所(うるま市)と北中城を両方で業種ごとに登録したので、エリアで探している人には2エリア分情報を拡散させることが可能です。

5.来客の際、ライカムのブランド×howliveのブランドをそのまま自社のブランドに使える

いわゆる、威光効果です。

芸能人をCMで使うような効果を出すことが可能です。

僕は、howoliveの可愛いスタッフをまるで自社のスタッフのように接してます。笑

道順は、動画にしていつも来客者に事前に共有しています。よかったら使ってください。

howliveまでの行き方
https://youtu.be/yL7M2fKfX6Q

 

ぜひ、howliveを使いこなしましょう!

 

ちゃんちゃん。

ブログもやってますので、こちらもどうぞ。

https://hisai.jp/

照屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です